2017年10月9日月曜日

研究について①

自己肯定間感を高めあう子どもを育てる保健学習・保健指導
~「話す・聞く活動」を土台として

 平成29年3月、次期小学校学習指導要領案が文部科学省より公示された。現行の小学校学習指導要領では「基礎的・基本的な知識・技能、思考力・判断力・表現力等及び学習意欲を重視し、これらを調和的にはぐくむことが必要である」と明記されている。それを踏まえ、次期学習指導要領では、育成を目指す資質・能力として、三つの柱を掲げている。
 ①どのように社会、世界と関わりよりよい人生を送るかという「学びに向かう人間性等」という柱
 ②理解して何ができるかという「知識・技能」という柱
 ③理解していること、できることをどう使うかという「思考力・判断力・表現力等」という柱
である。
 特に、「どのように学ぶか」については「主体的な学び」「対話的な学び」「深い学び」への学習過程の改善が記されている。
 学習過程の改善、また指導方法に関する記載は昭和22年の学習指導要領試案から、幾多の改定が行われてきたが、今改定が初めてである。その点、なぜこの部分が学習指導要領に明記されなければならなかったのかを、我々教職員は注目する必要がある。(つづく)


A study of health education to raise children's self-affirmation
Based on 'speaking activities · listening activities'


 In March 2017, the proposal for the guidelines for the next elementary school study was published from the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. In the current elementary school curriculum guidelines, it is clearly stated that "emphasis is placed on fundamental / basic knowledge / skills, thinking ability, judgment ability, expression power and learning motivation, and harmonious development of these will be necessary" . Based on that, the next learning guideline sets three pillars as a targeted qualification and ability

①The pillar of "Humanity, etc towards learning" of how to live a better life with society and the  world.
Understanding and what can be done pillars of "knowledge / skills".
③ The pillar of "thinking ability, judgment ability, expressiveness, etc." on what you understand and how you can use.

In particular, regarding "learning method", improvement of the learning process to "subjective learning", "interactive learning", "deep learning" is stated.

 Many revisions have been made from the educational guidelines in 1947, but it is the first time to mention improvements in the learning process and teaching methods. In that respect, teachers need to pay attention to why this part must be revised in the investigation guidelines.


  (英訳についてはgoogle翻訳をもとに掲載しました。英語はよくわかりません。英語についてもこれから勉強していきたいと思います)

0 件のコメント:

コメントを投稿